スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金の獅子 怒涛編

さぁ、ついにゴールドライガー編も今回で最後。
それでは怒涛(?)の作品紹介をいってみます。
※クリックすると画像が大きく表示されます。

腹部ミサイルランチャー展開のギミックが残ってるので、横に完全展開できます。
ブレードライガーみたいですよね。
これは間合いが広くなるから、格闘戦ではかなり有利な機能でしょう。
ちなみに「特攻!ゾイド少年隊」の初登場でもデスザウラーを真っ二つにしてます。
(正確には、写真のガイロス帝国仕様ではなくゼネバス帝国仕様で、
限定版アイアンコングのパーツを装備した改造機体だったと思います。)
この当時は、デスザウラーを倒せる機体=スペシャルな機体と認知されてたはずです。
それだけデスザウラーの脅威が、子供心に凄かったんでしょうね。
※クリックすると画像が大きく表示されます。


ノーマル形態。
基本的にタテガミ以外は素体をいじってないので、この形態も可能。
漫画版ではこの形態を基準に、その回のライバル用に毎回改造されてます。
正確には脚部にプロテクターが付いてるんですが、
あれは漫画の省略技術を上手く「改造した」で誤魔化してますよね。
コトブキヤHMMの素晴らしいキットを活かすために今回はつけてません。
(ただし、表面処理はキチッとしました。)
※クリックすると画像が大きく表示されます。


キャノン装備形態。
ウイングブレードの装着軸が5ミリ径なので、従来のゾイドのパーツも装着可能。
ちなみに背中に付けているのはLB(レジェンドブロックス)ゴジュラスMk2のものです。
装着にはウイングブレード用の基部を左右逆に装着しています。
基部はボークスのオプションパーツ。(多分、ボークスの店じゃないと購入できない。)
先に余ったミサイルランチャーを付けていたのですが、この形態だと良い雰囲気になりますね。
ちなみにミサイルは漫画版では未装着(多分)、
ただし、その回に載ったゴールドライガーの作例では背中にミサイルをつけてます。
それはもう、その後に出るライガーゼロフェニックスの如く。
やはりこの機体が、その後の主役ライガー系機体の始祖になるんですよね。
※クリックすると画像が大きく表示されます。


基部装着のアップ。
ミサイルランチャーに代わる可動フレームを組み込んでます。
ブレードの重さに耐える部分なので装着にはビスを使用。
ちなみに、ブレード角度の可動部分にもビス止めで保持力を上げてます。
※クリックすると画像が大きく表示されます。


ウイングブレードのアップ。
元はアイアンコング用の改造パーツ。(正確には帝国用改造パーツか?)
プラ板でブレードを作成。ここら辺は精度出しに苦心しました。
作例版ではただのブースターですが、
漫画版では(形状が違いますが)ブレードとして使用していました。
※クリックすると画像が大きく表示されます。


頭部アップ。
HMMシールドライガーで最も納得のいかないアレンジがフレーム付きキャノピーでした。
当時の少年達が好きな物と言えばゾイドとミニ四駆ですが、
ゾイドのシールドライガーやコマンドウルフ、
ミニ四駆のエンペラーやアバンテ、サンダードラゴンも、
キャノピーの角にはフレームが付いてませんでした。
当時を知る人間としては高速機体には無いのが普通で、
いくらリアルティがあるからといってあのキャノピーは無いでしょう…。
ところで今回、コックピット内の電飾をつけたまま撮影したんですが、
何かザクっぽくなりましたね…(汗)。これは反省。
※クリックすると画像が大きく表示されます。


バックショット。
逆に尻尾のアレンジは有りだと思いました。
可動させて保持力も考えるとあれがベターかな?
尻尾のモナカ式武装もMk2で改められたし、
コトブキヤの努力する姿勢は流石だと思います。
※クリックすると画像が大きく表示されます。


さらにアップ。
オモテばかりを載せたので、少数ですが裏側も載せときます。
ブレード追加で流れるようなラインになって個人的には気に入ってます。
ちなみに写真は縦に撮ったので、ブログからはみ出してる訳ではないですよ。


最後は正面のアップ。
最後の最後で普通のショットを載せます。
やはりゾイドは斜め横から見るのが一番ですよね。
※クリックすると画像が大きく表示されます。


これでゴールドライガーの記事は終ります。
今回はゴールドライガーの事を熱く語ってすみません。(^_^;)
最後まで見てくださった方、本当にありがとうございます。
やっぱ、自分の好きなものを作るのは楽しいですよ。
~作品一覧 2008年度版へ~
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

初めまして、「ゴールドライガー」の検索からたどり着きました。

ゾイド少年隊で、シールドライガーが黄金伝説によりゴールドライガーに進化?し、ウイングカッターで戦っていく様は今でも心に残っています。そして、主人公の少年を救った最終回は…当時泣きました(笑)。

ゴールドライガーのせいで、今もシールドライガーは私にとって永遠の主役機です。

今更ではありますが、ゴールドライガーを創っていただいて、見せて頂いて、ありがとうございました。

ありがとうございます(*^ ^*)

よくぞゴールドライガーで検索してくれました!

少年時代、心に深く刻まれた(機体やマシンの)
名シーンがありますが、
ゴールドライガーは格別だった記憶があります。
ブームを起こしていてもアニメはなかったゾイドだったから、
余計にその存在が特別だったんでしょうね。

これも何かの縁、今後ともよろしくお願いします。
そして、感想ありがとうございます!(*^ ^*)
プロフィール

Author:トミデン
元ハンドルネーム「人工雨」。DTIブログからの引っ越しを機会に名前を統合。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。